おもちゃ・その他の部
2005/4/13 更新

しまもり工房製作のおもちゃ、キャリー等の紹介コーナーです。こんなおもちゃが欲しいなど、アイデアも随時募集中です。
旋盤、フライス盤、ボール盤を駆使して(?)、木工、金工、アクリル製おもちゃを製作しております。

※材料について:使用している木材、金属は基本的に安全と言われている物を使用していますが、完全に証明する手段はありませんので、ご自分の判断で選択してください。また、金属製のおもちゃは、小さくとも重い物もあります。投げる、落とすなどして鳥、人間共に怪我のないよう、注意してください。

※販売について
2006/4現在、しまもり工房は基本的に受注製作を中断しています。Webショップ上で在庫販売のみとさせていただきます。本来は、注文を請けて、オーダーメイド的にスタンド製作を行っていきたいのですが、本業が多忙なこと多いのと、材料の買い出しが自転車という効率の悪さに更に、1店舗で材料が揃わないという悪条件もあり、相当な精神的体力的負担増がありました。ご理解していただけるとうれしいです。

※しまもり工房スタンドの部はこちらへ
  (13) キューブ2 2005/7
53mm角のキューブ。大型の鳥でも掴みやすいように溝を大きめに掘っています。
木材は通常の日曜大工用で売っている角材を使用しました。そこそこ硬い木です。
右写真の上の1個は使用済み(ぽちが囓った)のキューブです(笑)
 

(12) えさ入れ改造 2005/4
  (その1)写真上
市販の「クロックロック」という製品にふたを付けてみました^^;
扉に付けていると、その扉の上にとまっている時にうんPをおとされるので、その防止策として考えてみました。勿論、開けっ放しのままだと意味無いですけどね^^;;;;

(その2)写真中・下
市販の「Quick-Lock Crock」という製品をキャリー用として購入。但し、このままだとヨウムだと秒殺で取り外してしまうので取り付け用アダプタを製作。
ネジを使わないで取り付け取り外しが可能になる。小型軽量のなのでキャリーにはちょうど良い。両サイドに取り付ければ1個は餌、1個は水入れというふうにも使える。
  (11) ぽちキャリー2 2005/4
ステンレス製「ぽちキャリー」 軽量バージョンです。
ぽちキャリー1製作完了直後から問題視していた重量を2/3にすることを目標に考えました。2004年8月頃から密かに製作開始し、途中仕事多忙のため中段時期もあったことで2005年4月完成という半年以上の製作期間をかけて完成。
で、目標の重量は・・・・

本体(取っ手+とまり木付き)2040g+糞切り網 176g=合計2216g

ほぼ満足いく結果となりました。
特徴は、
・糞切り皿を無くして糞切り網を取り付けたこと(新聞紙をひいて)。
・フレームを細くしてステンレスという重い部材の軽量化に貢献。

なお、横型にしても使えるように考えてあるので、糞切り網の追加製作等は多少ありますが、問題は無いでしょう。

今後の作業
まだアクリル板の取り付けはできない状態です。取り付け方法も含めて追々検討して行きたいと思います。
(10) ねじりん棒 2005/2
やわらかいシナ材棒φ24mmをねじ切りして、ナット代わりに角材を。
(ナット部分は実際にネジとして動きます^^)
 
(9) 落花生入れ 2004/6

ラミン棒φ32mmの中に落花生を入れて、フタを付けました。棒は掴みやすいように軽く切り込みを。

(8) 木製鈴 2004/5
  ラミン棒φ32mmに穴を開けて中にステンレス製の針金を付けてみました。
(7) かじりん棒止まり木バージョン 2004/5
かじりん棒の材料をラミン棒にしてより硬い物にしました。そしてケージ等に取り付けられるようにネジもつけました。ちょっとした止まり木代わりにも(笑)
サイズ:φ32mm長さ90mm
(6) きゅ〜ぷ 2004/5
30mm角の破壊用きゅ〜ぶ。
切り込みを3〜4mm入れて破壊しやすくしました。試作品の為、材質はシナ材を利用。最終的にはもっと硬い木材を考えています。
が。。。工具の問題もあり、凄く手間かかるのでどうなるか…(汗)
本当は100mm角で、ネジ止め出来るタイプを考えているのですが、今後の工具次第でしょう・・・。
 
(5) かじりん棒 2004/4
太い丸棒のシナ材に、切り込みを入れて囓りやすく破壊しやすくしてみました。木片破壊が大好きな仔向けです。
特に金具は付けていないのですが、大型鳥なら掴んでカジカジします。

サイズ:φ32mm長さ90mm





 (4) ステンレスキャリー 2004/2
ステンレス製「ぽちキャリー」です。

使用目的は健康診断に連れて行くのにキャリーが無い!ということで、構想2年。設計開始してから半年?。製作期間数ヶ月!やっと完成しました。
サイズ:290x290x390mm(ステンレス本体)
    290x290x27mm(糞切り皿)
重量:実際の詳細な重さは量りの関係で分からないのですが、人間体重計で量ってみたところ
・本体のみ3.0kg
・本体+糞切り皿+取っ手+止まり木で3.6kg
・上記+えさ入れ+給水器(空)+おもちゃで3.8kg

以下は、ぽち用体重計で計測
・「えさ入れ+給水器(空)+おもちゃ」192g
・「取っ手+止まり木」192g
・「糞切り皿」426g
・アクリル板(側面左右、裏、上)980g
  (前面の扉周辺にアクリル板は用意していません)
と、いう結果でした。

因みに、2/14にアクリル板装着&おもちゃ&えさ入れ&ぽちを入れて体重計で測ったところ、5.2kgでした。

特徴
・金属部材は全てステンレス(とっての棒の中の鬼目ナットは除く)
・使用時期によっては寒いのでアクリル板を取り付けて、ステン+アクリルキャリーも可能
・縦起き、横起き両用タイプ
・扉のロックは、安全性重視の2重ロック 。ステンボックスのロックとは違うタイプを使用し、オートロックタイプの錠を2個付けました。
・単なるキャリーとしてではなく、ある程度の空間を確保して、持ち運び可能なサイズと、短期間の生活も出来るサイズを考えた。緊急時の避難用などにも対応できるかと。
・とっては止まり木にも使用できるように木を使ってみた。
・糞切り皿は、アクリル板5mmと2mmの組み合わせで箱形に製作。
・小桜、オカメだったら、普通のケージとしても利用可能!?(笑)
・えさ入れは、ステン製計量カップをネジで取り付けるようにして、中にさらにステン製えさ入れのカップを落とす形にしています。すっぽり中に入るので嘴で簡単には取れない仕組みです。新ぽちスタンドで採用したえさ入れをこち らにも。

欠点

・ちょっと重い。
・糞切り皿の取り外しがちょっと面倒かも。ネジ4個外すだけですが…(蝶型ネジにすればちょっとは手軽になるが)。
・人間が座れるほど強度はない←座るなって!(笑)

これからの改造点(実は2/6の時点で完璧には完成はしていない^^;)
・水入れの設置。給水器を取り付けたが、アクリル板を取り付けた場合、給水器は取り付けられない。
・とっての改良。現在、取り外し可能タイプで仮に作ったが、改良が必要。
・糞取り皿に現タイプはアクリル箱を設置しているが、他にもっと良い物がないか、または製作できないか。
・強度の補充。より強度を確保する為、溶接をするか、L金具を各場所につけるか要検討。人間が座れるくらいに。←そこまで必要か!?(笑)

軽量化改造(?)
・アクリル板を2mm厚から1.5mm厚にすることにより、軽量化を計画。980g→735gくらいになる?
・フレームのステンレス管を10mm→9mmにすることにより、フレーム自体の重量を削減できると思ったが、予想以上に元々の重量が少なく、正確な計算をしてみると240g程度ということがわかった。アクリル板と合わせて500g程度の軽量化が限界みたい。あとは、サイズを一回り小さくするしかなさそう。

その他
(3)のステンボックスは、このぽちキャリーの練習用として製作したものだったのです。元は100mm各のパネル1枚を作って練習するつもりが、ふと、箱型に出来るな・・・おもちゃに出来るな・・・と。

※写真一番上のだけ、アクリル板をセットしてあります(透明だから分かりづらいけど^^;)。それ以外は取り外した形で写真を撮ってます。
 
 (3) ステンレスボックス 2003/12
ステンレス製ケージ型ボックスです。
針金からネジまでステンレス製にこだわってみました。

針金をバネ状にしているので中におやつ等を入れて、取らせる遊びをさせたりします。因みに、うちのぽち@ヨウムは、バネを引っ張って遊んでました(笑)伸びるから面白いみたい。アクリル扉もいつのまにか開けてましたし…

サイズ:100mm×100mm×100mm

注意1:これでケージの扉を開けることを覚えても当方は責任は持ちません(笑)
注意2:写真の物は、試作品なので一部ステンレス以外の金属部材を使用しています。
 (2) 木製ダンベル 2003/9
木工製ダンベル各種サイズです。
木材の材料は、固い木ではラミン材、柔らかい木ではシナ材を使用しています。

因みに、一番上のシナ材製ダンベルは、破壊用としてお勧めです。某破壊大魔王ヨウムは2時間足らずで破壊しまくっていたようです(笑)
一番下のラミン材の物は、多少硬いので破壊するにはそれなりに時間もかかるでしょう。
 (1) ダンベル 2003/9
真鍮製ダンベルです。
サイズ:φ20mm×長さ50mm
重 さ:70g